医師不足
                               山梨大学副学長・理事 塚原 重雄

今回のコラムでは、最近話題になっている「医師不足」について、数回に分けて述べたいと思う。

医師不足1: 医は仁術と医療経済について

日本は医療、教育、にもっと、もっと金をかけるべきだ。
国民皆保険が出来て約40年、世界一健康度〈世界一の長寿国、世界最低の乳児死亡率〉の高い日本が出来上がった。国民は今まで健康保険の有難味を肌に感じることなく、空気や水と同様余り意識することなく過ごしてきた。しかしここに来て…(続きを読む



医師不足2: 医師不足は想定外だったのか

想定外という言葉が一時はやったが、産科医不足、小児科医不足は全く想定外のことだったのか。医療崩壊がメディアで取り上げられ、今まで医療事故ばかり報道されていたのが一転して医師不足の大合唱である。
この様な産科、小児科の医師不足は何年も前から予知されていたことだと思われるし…(続きを読む



医師不足3: 医師不足は一部の診療科だけの問題か

小児科医、産婦人科医の不足、医療崩壊の現状を、眼科医として他山の石(医師)として見逃すわけには行かない。限りある医療資源の中で、日本の眼科医療制度をどのように維持していったらよいか少し考えてみた…(続きを読む


医師不足4: 医師不足にどう向かい合うか

小生、英国文化振興会の英国留学試験を1969年受験し合格し、12名〈この中で、医学畑は弘前大学の内科の先生が一人いました〉と共に英国に留学した。神保町の岩波書店ビルの中にあった英国文化振興会で試験が行われた…(続きを読む


コラムTOPへ戻る