特定非営利活動法人
慢性疾患診療支援システムホームページARSSCD
ホーム
ご挨拶
お知らせ
運営母体
マイ健康レコードシステム
連絡先
FAQ
リンク


慢性肝炎診療支援システムのご紹介

本ページではNPO法人慢性疾患診療支援システム研究会が運営するマイ健康レコードシステムの内、慢性肝炎診療支援システムに関してご紹介いたします。

はじめに
肝臓病は長期間の治療と経過の観察が重要です。特に、慢性肝炎は長時間をかけて肝硬変や肝臓癌などの重大な病気に移行することが知られています。このようなことにならないためには、患者様がご自身の病気の状態をよく理解して、医師や医療スタッフと協力して診療を続けることが重要です。本システムは長期間にわたる肝臓病の診療を支援することを目的として下記のような特徴を持っております。肝臓の健康維持に本システムを有効に活用されることをお勧めいたします。

このシステムを用いるとどのような点が慢性肝炎の診療に役立つのでしょうか?
1. 長期間の診療が必要な肝臓病の場合、通常は地元のかかりつけ医の診察を受けながら、時々肝臓専門医の診察や検査を受けていただくことが大切です。本システムでは患者様の検査成績や投薬内容などの診療情報を、かかりつけ医と専門医の間で共有し、より適切な診療を行なうための診療連携を支援することが出来ます。

2. 共有される診療情報は下図に示しますように、医療関係者のみではなく、患者様にも容易に理解いただけるようなグラフ表記になっております。

3. システムに登録された診療情報に関しては、インターネットなどを介して患者様ご自身でご覧になることができるようになっていますので、ご自身の健康管理にも役立ちます。(本サービスは現在準備中です。運用開始までしばらくお待ちください)

4. 患者様はご自身の診療を受ける際、診療記録を画面上で確認することが出来ますので、医師の説明をより明確に理解することが可能となります。

5. 他の慢性疾患をお持ちの場合、その診療記録なども登録することが出来ますので、担当医は患者様の全般的な診療状況を理解することが出来、肝臓病の診療にも有用です。

掲示内容
(画像をクリックすると拡大画像が別ウインドウで開きます)

尚、本ページ内の図表の表示方法などは、より適切なプログラムを作成するために、改変されることがあります。
運営管理:NPO法人慢性疾患診療支援システム研究会